化粧品の容器への表示の方法

化粧品の容器への表示の方法


これらを表示をいいます。化粧品の表示について、順番にみていきましょう。

化粧品の表示

①化粧品の表示〜販売名〜

販売名は、医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(以下「医薬品医療機器等法」という。)の規定に基づき届け出る化粧品製造販売届に記載した名称により表示します。

販売名を設定する際の不適切事例

1.既存の医薬品 、医薬部外品の販売名と同一
このような「名称」では、「製造販売届」を受け付けてもらえません。

2.虚偽・誇大あるいは誤解を招くおそれがあるもの
例:ウルトラ◯◯、スーパー◯◯等

3.配合されている成分のうち、特定の成分名称を名称に用いること
例:ヒアルロン酸ローション、オリーブ石鹸等

4.ローマ字のみ(アルファベット、数字、記号等はできるだけ少なくすること)

5.一般的名称のみからなる名称
例:「ハンドクリーム」などにすると、製品の特定ができないので不可

6.剤型と異なる名称
例:固体でできた石鹸に「〜リキッド」

7.他社が商標権を有している
特許庁のHPで、特許・実用新案、意匠、商標について、キーワードを入力して簡易検索ができますので必ずチェックしてください。

8. 医薬品や医薬部外品とまぎらわしい名称
例:薬用◯◯、◯◯薬、漢方◯◯、メディカル◯◯、アトピー◯◯、ニキビ◯◯など

9.異なった処方の化粧品に同一の販売名を用いる
※色調または香調を表す部分を除く販売名が同じであり、色調または香調 以外の性状が著しく変わらない製品(シリーズ商品という)の場合は除く
例:「ASGローション ラベンダー」、「ASGローション ローズ」

②化粧品の表示〜種類別名称〜

一般消費者が商品を選択するための基準となる名称のことです。どんな化粧品かわかりやすいように、 化粧品公正取引協議会がつくる種類別名称の一覧から、該当する名称が書かれます。
ただし、販売名に、代わるべき名称が含まれるものは、種類別名称の表示を省略することができます。
例えば、販売名を「ASG化粧水」とした場合、種類別名称に<化粧水>と重複して表記する必要はありません。

区分
種類別名称
代わるべき名称
注記
皮膚用化粧品 化粧水 スキンローション、柔軟化粧水、収れん化粧水
化粧液 保湿液、美容液
クリーム 油性クリーム、中油性クリーム、弱油性クリーム
乳液 ミルクローション、スキンミルク
日やけ(用)日やけ止め(用)
洗浄料 洗顔(料)注1、クレンジング、洗粉、クレンザー、メークアップリムーバー、メーク落とし、フェイシャルソープ ボディシャンプー、ボディソープ ハンドソープ 注1 「洗顔(料)」とは、主として顔を洗浄することを目的としたものをいう。
ひげそり(用)
むだ毛そり(用)
プレシェービング、アフターシェービング
フェイシャルリンス
パック マスク
化粧用油
注2
オリーブ油
スキンオイル
ベビーオイル
注2 「化粧用油」は、椿油のように整髪に使われるものは除き、皮膚用に使用するもののみをいう。
ボディリンス
マッサージ(料)

引用:化粧品の表示に関する 公正競争規約施行規則  別表1【種類別名称】

③化粧品の表示〜内容量〜

化粧品の内容量の表示については、「化粧品の表示に関する公正競争規約」に規定されています。
内容量表示(容器又は包装材料を含まない)は、次に掲げる基準によるものとします。
(NET=200mlの「NE T」とは、正味という意味です。)

1.内容量は、内容重量、内容体積又は内容数量で表示することとし、内容重量は「g」又は「グラム」、内容体積は「mL」又は「ミリリットル」、内容数量は個数等の単位で表示します。

2.内容重量又は内容体積は、平均量により表示する。ただし、最少量である旨を表示する場合は、最少量によることができます。

3.内容量を平均量で表示する場合の表示量と内容量の誤差の不足側公差は、-3%以内とします。

4.内容量が10グラム又は10ミリリットル以下の化粧品(以下「小容量化粧品」という。)については、内容量表示を省略することができます。

5.内容数量が6以下で、かつ、包装を開かないで容易にこれを知ることができる化粧品については、内容数量表示を省略することができます。

6.小容量化粧品について内容量を表示する場合にあっては、10個の内容量の平均値が、表示した内容量の-3%を超えてはならない。また、表示した内容量と実質内容量の誤差の不足側交差は、-9%以内とします。

④化粧品の表示〜使用方法〜

その製品の使用方法を適切に記載します。
製品に同梱する文書(添付文書)での情報の提供も可能です。
また、パッケージなどに直接記載する方法でも可能です。

留意事項

誤用防止のために、使用方法・使用量に関する記載が必要です。
ただし、口紅、シャンプー、ハンドクリームなど、その種類別名称等を表示すれば、一般消費者がその化粧品の使用方法を理解できるものは、記載を省略することができます。

⑤化粧品の表示〜全成分〜

消費者の選択をより的確かつ容易にするために、配合した成分の名称を 全成分表示 することとされています。

全成分表示 のルール

1.すべての配合成分を邦文で記載し、 日本化粧品工業連合会作成の成分表示名称リスト等を利用することにより、消費者に理解しやすいものにするとともに、配合成分に関する情報が正しく伝わるようにする。
2.配合量が多い順に記載(配合量が1%以下の成分は、記載順序は自由)
3.着色剤は、配合量にかかわらず末尾にまとめて記載
4.キャリーオーバー成分は記載不要
※キャリーオーバー成分とは、配合されている成分に付随する成分(不純物を含む)で、製品中にはその効果が発揮されるより少ない量しか含まれないもの
5.混合原料(プレミックス)は、混合されている成分毎に記載
6.抽出物は、抽出された物質と抽出溶媒(または希釈溶媒)を分けて記載
※ただし、最終製品に溶媒が残存しない場合は、記載不要
7.香料を着香剤として使用する場合は、成分名は、香料として記載可

⑥化粧品の表示〜使用上の注意〜

使用者への皮膚障害に関する注意喚起のための表示です。適正な使用及び保管を確保するために必要な内容を記載します。

留意事項

1.重要性の高い順に従って記載

2.見出し等、特に重要な部分はゴシック体とする等として見やすいものとする

3.記載にあたっては、理解が容易なように平易な表現にする

4.記載内容は、科学的に正確なものとするとともに、その記載が必要とされる理由又は背景説明を加えるよう努める

5.記載事項の削除又は変更を行う場合には、十分な根拠に基づいて行う

日本化粧品工業連合会は、製品の使用を中止すべき症状として、現行の「赤み、はれ、かゆみ、刺激」に加え「色抜け(白斑等)や黒ずみ」を追記するととも に、気付かないうちに白斑が生じていた症例が見られることを踏まえ、肌に異常が生じていないかよく注意して使用するよう注意喚起するものとして、自主基準を作成しています。

表1.容器又は外箱に表示する注意事項

表示する注意事項 表示すべき化粧品の範囲
(1)-1お肌に異常が生じていないかよく注意
して使用してください。お肌に合わないとき
は、ご使用をおやめください。
皮膚に適用する化粧品は、原則として表示
する。(頭髪用化粧品類、洗顔料を含む)
[除外]爪化粧品類、歯みがき類、浴用化
粧品類、石けん類、香水類、シャンプー、
リンス、ボディシャンプー、マスカラ
(1)-2お肌に合わないときは、ご使用をおや
めください。
シャンプー、リンス、ボディシャンプー、
及びマスカラに表示する。
(2)唇に異常があらわれたときは、ご使用を
おやめください。
口紅、リップクリームに表示する。
[注]1.上記のほかに表2の注意事項の趣旨を追加することは差し支えない

表2.添付文書等に表示する注意事項

表示する注意事項 表示すべき化粧品の範囲
1-1.お肌に異常が生じていないかよく注意し
て使用してください。化粧品がお肌に合わな
いとき即ち次のような場合には、使用を中止
してください。そのまま化粧品類の使用を続
けますと、症状を悪化させることがあります
ので、皮膚科専門医等にご相談されることを
おすすめします。
(1)使用中、赤味、はれ、かゆみ、刺激、色
抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常があらわれ
た場合
(2)使用したお肌に、直射日光があたって上
記のような異常があらわれた場合
皮膚に適用する化粧品は、原則として
表示する。(頭髪用化粧品類、洗顔料
を含む)
[除外]爪化粧品類、歯みがき類、浴
用化粧品類、石けん類、香水類、シャ
ンプー、リンス、ボディシャンプー、
口紅、リップクリーム、マスカラ
1-2.化粧品がお肌に合わないとき即ち次のよ
うな場合には、使用を中止してください。そ
のまま化粧品類の使用を続けますと、症状を
悪化させることがありますので、皮膚科専門
医等にご相談されることをおすすめします。
(1)使用中、赤味、はれ、かゆみ、刺激等
の異常があらわれた場合
(2)使用したお肌に、直射日光があたって上
記のような異常があらわれた場合
シャンプー、リンス、ボディシャンプ
ー、口紅、リップクリーム及びマスカ
ラに表示する。
2.傷やはれもの、しっしん等、異常のある部
位にはお使いにならないでください。
皮膚に適用する化粧品は、原則として
表示する。(頭髪用化粧品類、洗顔用
化粧品類、口紅、リップクリームを含
む)
[除外]爪化粧品類、歯みがき類、浴
用化粧品類、石けん類、香水類
3.爪に異常のあるときは、お使いにならない
で下さい。
爪化粧品類 4.(1)目に入ったときは、直ちに洗い流してく
ださい。
(2)目の周囲を避けてお使いください。
(3)直射日光のあたるお肌につけますと、ま
れにかぶれたり、シミになることがありま
すので、ご注意ください。
シャンプー、リンス、ヘアトニック、
ヘアリキッド
ビニールパック
香水、オーデコロン類
5.保管及び取扱い上の注意
(1)使用後は必ずしっかり蓋をしめてくださ
い。
(2)乳幼児の手の届かないところに保管して
ください。
(3)極端に高温又は低温の場所、直射日光の
あたる場所には保管しないで下さい。
(4)可燃性であるので、保管及び取扱いにあ
たっては火気に十分注意してください。
個々の製品の特性に応じて必要な注意
事項を表示する。
[注]2.表1及び表2の注意事項以外に、さらに詳しく注意事項を追加補足することは差し支
えない。
3.表1の注意事項を表示することがスペース的に困難な製品については、容器又は外箱
への表示を省略して差し支えないが、この場合「添付文書等への表示」を徹底する。
4.表1の表示のほかに、表2の注意事項を記載した文書を商品に添附する。添付が困難
な場合は、注意事項を記載した文書、パンフレレット等を販売時に購入者に手渡すよう
な方策を講ずる。
5.容器又は外箱に表2の注意事項を表示したものについては「添付文書等への表示」を
省略して差し支えない。

参照:化粧品の使用上の注意事項の表示自主基準
(平成26年 5 月 30 日改正:日本化粧品工業連合会)

⑦化粧品の表示〜製造販売元〜

製造販売業の許可を受けた者の氏名又は名称及び住所を記載します。

氏名又は名称=個人で許可を受けたときは個人名、法人で許可を受けたときは法人名
住所= 総括製造販売責任者がその業務を行う事務所の所在地

 

製造販売元が、製品についての全責任を取ります。また、製造販売元は日本の会社でないといけないので、輸入化粧品の場合は、製造販売業の許可を持っている輸入代行業者が製品の責任者として製造販売元となることが多いようです。

⑧化粧品の表示〜発売元・お問い合わせ先〜

製造販売業者以外に、販売者を併記することもできます。いわゆる発売元のことです。
ただし、消費者に誤解を招くことがないために次のようなルールがあります。
「製造元」、「販売元」、「発売元」等「○○元」という記載は、製造販売を連想させるものであり、これらを製造販売業者以外の氏名又は名称に付する場合は、必ず製造販売業者の氏名又は名称に「製造販売元」と付することとし、「○○元」を併記するようにします。

「責任販売者」、「総販売者」、「総括販売元」等、製造販売業者を連想させる語を製造販売業者以外の氏名又は名称に付することは、誤解を招くおそれのある記載であるので使用ができません。
「問い合わせ先」には、化粧品に表示された事項について、一般消費者から問い合わせがあった場合、正確且つ速やかに応答できる連絡先を表示します。

記載例

製造販売元:株式会社エーエスジー
東京都渋谷区渋谷◯◯丁目2−2
発売元  :ASG株式会社
東京都千代田区麹町◯◯丁目1−1
03-1234-2222

 

⑨化粧品の表示〜使用期限〜

使用期限を記載しなければならない化粧品として、下記が規定されています。

1.アスコルピン酸、そのエステルもしくはそれらの塩類又は酵素を含有する化粧品
2.製造又は輸入後適切な保存条件のもとで、3年以内に性状及び品質が変化する恐れのある化粧品

参照:昭和55年9月26日厚生省告示第166号

化粧品の性状及び品質の安定を保証しうる期限( 使用期限 )について、月単位まで表示します。

・使用期限 令和3年4月
・使用期限 2021.4

 

⑩化粧品の表示〜製造番号(又は製造記号、LOT番号)〜

製造番号又は製造記号は、ロットの違いが明確にできる番号又は記号を記載します。
なお、製造年月日その他ロットごとに区別が可能な番号又は記号を記載しても差し支えありません。

参照:昭和36年2月8日薬発第44号

製造販売業者の重要な業務として、品質管理業務手順書に基づき、製造管理及び品質管理の結果を適正に評価し、市場への出荷の可否の決定をロットごとに行います。
出荷可否の結果及び出荷先等に関する記録を作成し、回収等の措置が速やかに実施できるようロットに関する記載も行うこととされています。

このように ロット番号 は商品の特定にとても重要な役割をします。

省略してしまった場合、回収の際ロットを限定することなく市場へ流通している可能性のあるすべてのロットを対象とすることになりますので注意してください。

⑪化粧品の表示〜リサイクル表示〜

資源の有効な利用の促進に関する法律に基づき、紙製容器包装、プラスチック製容器包装に材質を表示することが決められています。
この表示は容器包装に係る分別収集及び再商品化の促進等に関する法律に基づくリサイクルが円滑に行われるよう、消費者が容易に分別排出できるようにすることを目的としています。

プラマークで材質名の表示を行う場合は、記号で表示します。
材質名の表示は義務ではなく自主的な表示となります。

  • PP:ポリプロピレン樹脂
  • ABS:ABS樹脂
  • AS:AS樹脂
  • PS:ポリスチレン樹脂
  • PE:ポリエチレン樹脂
  • PET:PET樹脂

 

⑫化粧品の表示〜原産国名〜

原産国名とは、当該化粧品を製造した事業所の所在する国の名称のことです。
ただし、「製造」には、次に掲げる行為は含まれないものとします。

  1. 化粧品にラベルを付け、その他表示を施す行為
  2. 化粧品に外装を施す行為
  3. 化粧品を単に詰め合わせ、又は組合せる行為

 

一般消費者によって明らかに国産品であることが認識されるものは表示不要ですが、外国の国名、地名、国旗、紋章その他これらに類するものの表示していたり、外国の事業者又はデザイナーの氏名、名称又は商標の表がされていたり、文字による表示の全部又は主要部分が外国の文字で示されている表示されている場合は、国産日本製又はMadeinJapanと表示します。

輸入品の表示

    1. 「原産国○○」、「原産地○○」、「製造○○」又は「○○製」

※「○○」は原産国名又は地名

    1. 「MADE IN ○○」、「Made in ○○」又は「made in ○○」

※「○○」は英文表示による国名又は地名