化粧品の広告をする際の注意

目次

1章 化粧品の56の効能効果


一般の化粧品を販売するときに、広告でいうことができる効能効果は、法律で決まっています。
基本中の基本ですので先ずはおさえておきましょう。

化粧品の56の効能効果

2章 薬用化粧品の効能効果

広告をするにあたり、一般の化粧品とどこが違うかという視点で、おさえておきましょう。

薬用化粧品の効能効果

3章 効能効果または安全性を保証する表現は禁止されています

化粧品の広告では効能効果または安全性を保証する表現の禁止

効能効果が確実又は安全であるような表現は禁止されています

  • これさえあれば安心です
  • 安全性は確認済みです
  • 赤ちゃんにも安心して使用していただけます

このような表現はだめです。

臨床データや実験例等の例示

効能効果又は安全性に関する臨床データや実験をした場合でも、その結果である数値を広告で使用することは禁止されています。

なぜかというと、そのデータや実験で出した数値は、一定の条件下で行っており、化粧品を購入した人全てに当てはまるとは限らないからです。かえって消費者に誤認を与えることになりかねないからです。

結論

臨床試験をしたという事実や実験をしている写真を載せるのは問題ないのでその程度にしておくことが無難です。

図面、写真について

ビフォー&アフターの写真はどこまで出して良いの?

という疑問があるとおもいますが、次にあたらない限りビフォー&アフターの図面・写真はOKです。

  • 承認等外の効能効果を連想させる表現
  • 効果がでるまでの時間と効果が持続する時間を保証する表現
  • 安全性の保証となる表現

ポイントは、効能または安全性を保証する表現にしないことです。

また、よく問題になるのが、写真を加工していることです。
使用する写真は、同一条件で撮影されたもの、作為的な操作が加えれていないもの、でなければなりません。指摘をされることがありますので注意してくださいね。

では、どのような表現だったら良いのでしょうか?

[認められる表現]
・汚れた肌や洗浄後の肌の状態及びこれらの比較など
・乾燥した肌や保湿された肌の状態及びこれらの比較など
・フケがある頭皮やシャンプー使用後の清浄な頭皮の状態及びこれらの比較など。
・「制汗」が承認効能である腋臭防止剤において、無塗布の腋や腋臭防止剤を使用した腋の状態及びこれらの比較など
・メーキャップ化粧品やヘアカラーでの着色・染毛効果を示す表現
[認められない表現]
・「乾燥による小ジワを目立たなくする」効能を表現する場合。
・「 メラニンの生成を抑え、シミ、ソバカスを防ぐ」や「ひび・あかぎれを防ぐ」等の予防的効能を表現する場合。

引用:化粧品等の適正広告ガイドライン2020

単に、汚れた肌と洗顔フォームを使用してきれいになっている肌の比較する写真、乾燥している肌と美容液を使って保湿状態にある肌の比較などは大丈夫です。

化粧品で毛穴を表現するとき、「毛穴をひきしめる」とか「毛穴がなくなる」はNGとなります。
洗顔によって「毛穴の汚れが取れる」はOKです。
毛穴に関しては注意が必要ですね。

次に、美容液を使用して今まであった小ジワがなくなった写真やシミがなくなった写真はNGです。

また、メーキャップ効果等の物理的効果を表現(お肌のシミを見えにくくカバーします)はすることはできますが、事実の範囲であって効果又は安全性の保証表現とならないように注意しなければなりません。

使用体験談

使用体験談は効能効果又は安全性について、消費者に対し誤認を与えるおそれがあるので基本NGです。

しかし、広告には、体験談は必ずと言っていいほど必要ですよね。

では、どうすれば良いのでしょうか。

使用方法や使用感香りのイメージに関しては事実に基づく使用者の感想であれば言っても良いとされていますので、消費者に伝わるように、上手に言い換えをして載せるようにしてください。

注意しなければならないのは、事実に基づく感想であっても、効能効果又は安全性については載せることができませんのでご注意ください。

使用体験談の表現の具体例

(1) 認められる表現の具体例
・使用方法が簡単なので不器用な私の味方。
・使いやすいので忙しい私にピッタリ、助かっています。
・しっとりした使い心地が私の好みに合っています。
・さっぱりとした感触が私にピッタリです。
・女性らしいライトフローラルの香りが好きです。

(2) 認められない表現の具体例
・肌が明るくなったのでビックリしました。(スキンケア化粧品)
・眼の下の小ジワにうれしい変化が!
・キメが細かくなって、チョット嬉しくなるくらい効果が実感できました。
・こんなにハリがでるなんて。

引用:化粧品等の適正広告ガイドライン2020

認められない表現の具体例の4番目の「こんなにハリがでるなんて」について、あれ?化粧品の56の効能効果で「肌にはりを与える」は認められているのでいいのではないか、と思うかもしれませんが、使用体験談の中ではたとえ事実であったとしても、効能効果をいうことはできませんのでご注意を。

また、よくある方法として、※印に説明文を付記することがありますが(打ち消し表示と言います)、この説明文で認められない表現がOKになることはありません。

実際に、「※個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません。」と表記して措置命令になった例もありますので注意してくださいね。

4章 化粧品の広告での他社の製品の誹謗広告の制限

他社の製品の誹謗広告の制限 医薬品等の品質、効能効果、安全性その他について、他社の製品を誹謗するような広告を行ってはならない。

引用:医薬品等適正広告基準 第4の9

化粧品広告の他社製品の誹謗

他社のブランド等を特定しない場合でも、他社誹謗として指摘を受ける場合があります。

例えば、「一般の洗顔料では落としきれなかったメイクまで落とすことが可能に!」

といった場合、一般の洗顔料(他者の製品)の品質について誹謗していることになりますので注意が必要です。

また、「この美容液には◯◯(成分名)が含まれていません!」

といった、◯◯成分が含まれている他社製品を暗に批判するような表現にも注意が必要です。

他社製品との比較

他者の製品を比較対象に広告を行うと、他社誹謗となりやすいので、比較をする場合は、自社の他の製品との比較にするようにしましょう。

たとえばこんな感じです。

今までにない肌のはり感を!
※当社従来品(製品名)と比較

5章 化粧品の広告に医薬関係者の推薦は書いてもいいの?

化粧品広告における医薬関係者等の推薦の制限の原則

下記のように、医師の登場することは禁止されていませんが、推薦するとNGとなります。

医薬関係者等の推せん 医薬関係者、理容師、美容師、病院、診療所、薬局、その他医薬品等の効能効果等に関し、世人の認識に相当の影響を与える公務所、学校又は学会を含む 団体が指定し、公認し、推せんし、指導し、又は選用している等の広告を行っ てはならない。ただし、公衆衛生の維持増進のため公務所又はこれに準ずるものが指定等を している事実を広告することが必要な場合等特別の場合はこの限りでない。

引用:医薬品等適正広告基準 第4の10

以下は、違反例です。

  • 皮膚科専門医も勧める〇〇
  • 私もオススメします!〇〇大学薬学部教授▲▲
  • この成分は肌に潤いを与え〜。〇〇大学▲▲教授談
  • ◯◯中学校選用の製品です。
  • 品質保証付き!!厚生労働省が認めた製品です。
  • ◯◯大学との共同研究の製品です。
  • ◯◯大学との共同研究から生まれた成分配合です。

参考:医薬品等広告に係る適正な監視指導について(Q&A)

美容ライター、美容家と言われている世の中に影響力がある人を広告塔にして製品を推薦した場合も、上記の制限にかかる可能性があるので注意が必要です。

ちなみに、健康食品は、というと医師の登場や推薦はNGではありません。ただし、特定の肩書き(糖尿専門)を出して推薦してしまうと効能を保証すると判断されますし、医薬品的な効能効果をいった場合は、薬機法に触れることになります。(健康食品については、別途ブログにUPしていきます!)

化粧品広告における特許の記載について

広告の中で、「特許」に関する表現は、製造方法、効能効果等について消費者に誤解を招くおそれがあるので、事実であっても行うことができません。

下記が違反例です。

  • この製品は特許製品となります
  • 特許成分◯◯配合

ただし、容器若しくは被包またはこれらに添付する文書等に、「方法特許」又は「製法特許」の文字及び特許番号並びに特許発明にかかる事項を併記して正確に表示する場合はOKとなります。

これは、広告ではなく、容器若しくは被包またはこれらに添付する文書に正確に記載という意味です。広告には特許を記載してはNGです。

では、健康食品はどうかというと、細かい規制はありますがOKです。