化粧品OEM・製造販売業の始め方

目次

1章 化粧品製造販売業を始めるのに許可は必要か

結論:化粧品を製造して市場で販売するには許可が必要です。
ただし、必ず自社で許可をとる必要はないというのがポイントです。

 

【基本】化粧品を市場で販売するには次の許可が必要。

  • 「化粧品製造業許可」
  • 「化粧品製造販売業許可」

 

化粧品販売ビジネスへ新規参入するには、必ず自社で、この2つの許可を取らなければいけないというわけではないのです。

インターネットで広告をかけて販売している会社さんの多くは、許可を持っていません。

理由は、許可を持っている、OEM会社さんを通して販売しているからです。

よくエステサロンで、そのエステサロンの名前ではなく他社のブランドのものを販売していますよね。
これは、他社ブランドを仕入れて販売しているケースです。

自分の会社のオリジナルブランド化粧品を作りたい!と考えているときは、化粧品製造販売業の許可を持っているOEM会社に製造の依頼をして独自の化粧品を作ってもらいます。

このOEM会社が「製造業許可」だけでなく「製造販売業許可」をもっていて、ラベルのデザインから販売までお手伝いしていることが多いです。

工場を持っていないOEM会社は工場を持っている製造会社に外注したりしています。

OEMとは

    original equipment manufacturerの頭文字で、「相手先オリジナルブランドを製造する」ことです。

2章 化粧品製造販売業にOEMを使うメリット・デメリット

メリット

1.自分で一から製造工場を作る(建てる)のはそれなりの資本が必要かと思いますので既存の製造会社に頼むのは効率的。

2.OEM会社が、流通した化粧品の品質・安全を含め責任をもっていますので、許可を持たない販売会社は、商品のコンセプトを考え、販路拡大に集中することができます。

デメリット

1.自分の商品に、「製造販売元」として依頼したOEM会社名が載ってしまいますので(発売元は自社の名前)、ライバルにどこで作っているかを知られることになります。

2.他社とそんなに差別化できない。少し成分が違うだけでオリジナルティが出せない。あまりこだわると原価が高くなってしまうなど、原価の調整が難しくコスト面で少し不利になります。

3章 結局、化粧品製造販売業の許可はどうするのがよいのか

メリットとデメリットを考えると一概には言えませんが、最初資本が少ない時期は、化粧品製造販売業の許可を持っているOEM会社に小ロットで依頼し、軌道に乗ってきたら自社で化粧品製造販売業の許可を取得して、製造のみ製造会社に直接依頼する形で、他社に真似されないような強いブランドを作っていくのがいいのかな、と思います。

まとめ

他社が製造販売している化粧品を購入して販売を行う場合

許可は不要です。販売に専念してください。

自社オリジナル商品を販売するのに、OEM会社に丸投げする場合

許可は不要です。販売に専念してください。

輸入した化粧品を、製造販売業の許可を持っている輸入代行業者に依頼して販売する場合。

許可は不要です。販売に専念してください。

あなたの会社で製造も販売もする場合

「化粧品製造販売業許可」+「製造業許可(一般区分)」が必要です。頑張って取得しましょう。

あなたの会社が他社に製造のみを委託する場合

「化粧品製造販売業許可」が必要です。頑張って取得しましょう。

輸入した化粧品をどこにも頼まず自社で販売する場合

「化粧品製造販売業許可」+「製造業許可(包装・表示・保管区分)」が必要です。頑張って取得しましょう。

よくある質問

質問

化粧品製造販売業許可をとるのは難しいですか?

回答

要件さえ満たせば自力でとることも可能です。
要件とは、自社で総括製造責任者という人が必要になります。この総括製造責任者は、薬剤師や薬学または化学に関する専門の過程を修了した人がならなくてはいけないため、いない場合は新たに雇わなければなりません。これさえクリアすれば自社で取得することができます。